実印通販.jp|印鑑通販のおすすめサイト

賃貸契約に実印は必要?

契約書類

 

基本的に実印は必要ありません。

 

認め印※+銀行印(銀行引き落としの場合。クレジットカード払いや直接手渡しする場合は認め印のみ)が通例です。
※シャチハタは不可。

 

ただまれに実印+印鑑証明書を求められる場合があります。これは本人確認の意味が込められています。これは不動産会社・大家によって異なります。

 

認め印はなんでもOK?

はんこと朱肉
認め印はなんでも大丈夫です。100円均一のショップで販売されているものでも可能です。

 

ただし認め印といえど賃貸アパートなどの書類などに大人が押印するものが安価なものだと正直恰好が付かないというのも本音。

 

賃貸契約する機会に1000円~2000円程度のもので良いので、それなりのものを用意しておくのも良いでしょう。

 

 

賃貸契約に印鑑証明書は必要?

基本的に不要です。

 

ただし上記のように不動産会社や・大家さんによっては求められる場合もあります。年の為に用意しておくのが無難です。

 

連帯保証人は必要?

保証人はほとんどの場合必要になります。

 

保証人は実印+印鑑証明書が必要になります。印鑑証明書は基本的に原本の提出ですが、コピーでも良い場合があります。不動産会社などに聞いてみましょう。

 

保証人を立てずに保証会社を通す場合は印鑑証明書・実印は必要ではありません。

 

実印が必要なケースは?

実印が必要になってくるケースは賃貸ではなく、分譲マンションや戸建住宅を購入する時などです。

 

不動産の売買契約を結ぶ時に売主側は実印と印鑑証明書が必要になってきます。

 

買主側は現行の日本の法律では実印は必要ではないですが、商習慣的に実印と印鑑証明書の提出が必要になっているのが実態です。

おすすめの印鑑ショップ

私が以前ネット通販で購入したショップです。

印鑑一本の購入はもちろん、実印・銀行印・認め印の3本セットの他、法人印にも対応しています。値段が手ごろで種類が豊富なので印鑑を購入しようという方は覗いてみると良いでしょう。

高級印材を使った格安手彫り仕上げのはんこプレミアム

はんこプレミアム