実印

実印を紛失したときの再登録手続き

困った男性のイメージ

 

市区町村に届け出る

まずは市区町村の役場や登記所へ行って紛失したことを伝えます。そして印鑑証明書の発行ができないように印鑑登録廃止申請をします。これでこの届出以降に以前のハンコで行った契約は無効になります。

 

準備物(一例)
  1. 登録している本人の印鑑登録証(カード)
  2. 認印もしくは登録印(実印)
  3. 登録している本人の確認ができるもの(運転免許証・健康保険証など)

出典元:横浜市緑区

 

また警察にも紛失届を出しておきます。既に警察に届いている場合は以下のホームページで公表されています。

 

参考リンク:遺失物の公表ページ-警察庁

 

印鑑の注文

新しく実印として登録するための印鑑を注文します。万が一実印が見つかっても防犯上、買い換えるのが良いです。

 

通販でも良いですし、店頭に赴いても良いでしょう。実印は手彫りする為どちらでも即日では手に入りません。通販だと多くの素材から選択することができ、価格も安くなっているのでネット通販で注文するのがおすすめです。

 

 

改印届を提出する

市区町村の役場へまた出向き、改印届を提出します。もし実印を銀行印などにも利用している場合は銀行にも銀行印を変更する為に銀行へ出向きましょう。

 

実印をなくさない為に

実印をなくさない為にはむやみに持ち歩かないのが大前提です。もし銀行印や認印にも実印を使っている場合は、印鑑を分けることをおすすめします。

 

実印を再購入する場合

実印を再購入する場合はネット通販が安くてお得です。印材(素材)にもよりますが、最短数日から発送が可能です。

 

おすすめ通販ショップ:Inkans.com

おすすめの印鑑ショップ

私が以前ネット通販で購入したショップです。

印鑑一本の購入はもちろん、実印・銀行印・認め印の3本セットの他、法人印にも対応しています。値段が手ごろで種類が豊富なので印鑑を購入しようという方は覗いてみると良いでしょう。

高級印材を使った格安手彫り仕上げのはんこプレミアム

はんこプレミアム